スポンサードリンク


更新日:2017年12月15日

HEMSとは?

 

「HEMS=節電・省エネするための道具」

 

[Home Energy Management System]=略して[HEMS]、ヘムスと読みます。センサー等のIT技術を使って家のエネルギーを管理してくれるシステムの名前です。

 

HEMSとは,ヘムス,付けないといけない,ダメ

 

HEMS=電気の管理システム

 

家のエネルギーと言っても大半は電気のことを指しているので、「HEMS=電気の管理システム」と覚えておくのがいいと思います。基本的にはHEMSは電気・ガス・水道全てを管理できるシステムです。

 

HEMSは電気とガスだけで十分?

HEMSに連携させるためには各メーターをHEMSに対応したものに変える必要があります。それには交換費用がかかるものとかからないものがあります。

  • ガスメーター:ガス屋に頼めば無料交換
  • 水道メーター:水道メーターと別にHEMS用のメーターが必要。費用は自分持ち

上記のように交換費用が「ガスは無料、水道は有料」ということ、さらに口コミなどを見ても「電気とガスだけで十分だ」という意見が多く見られました。

 

HEMSのできること

 

 表示

HEMSはどれだけのエネルギーが、「いつ、どこで、なにに使われているか」を見える化(数字に出す)することができます。

 

見える化なら電気メーターで十分?

 

<電気メーター>

電気メーターでは「その時の使用量」しか見ることができません

 

その瞬間の電気使用量を見ることしか出来ない(HEMSがあっても電気代を調べるために電気メーターは必要です)。

 

<HEMS>

「その時だけじゃなく月ごと、日ごと、時間ごとの使用量が見れます」

  • 今日の7~9時までどのくらい電気を使ったのか?
  • 昨日の深夜はどのくらい電気をつかったか?
  • 先月と今月の電気使用量の違いはどのくらいか?

ということがグラフや表などで瞬時に簡単にわかります。この時わかりにくい「kWh」表示ではなく、「金額」で表示させることもできるのでリアルに節電につながります。各部屋ごとの電気使用量もチェックできるのも魅力のひとつ。

 

このように、自分の家の電気使用状況を、より具体的に知るためにはHEMSが必要不可欠です。電気メーターの情報だけでは少なすぎて、節電には結びつきません。

 

「どこをどうしたら節電につながるのか?」

 

そのためにHEMSはあります。

 

 制御

 

HEMSは家の中の機器を全てコントロールして、自動的に使用量を最適にしてくれます。

 

制御ならエアコンのリモコンで十分?

 

<エアコン>

  • 温度や湿度に合わせて運転を切り替える
  • 人がいるとこだけ…しかも寝ている人と運動している人に合わせてくれる

他にも細かい機能が多数あり節電効果もありますが、エアコンに備わっている制御はエアコンに出来ることだけを制御し、根本的に「より快適に」を掘り下げています。

 

<HEMS>

  • 電気代の高いピーク時は設定温度を2度上げて、ピークを過ぎたら2度下げる
  • 家全体の使用量が月間設定値を超えたらエアコンを止める
  • 電気代が設定値を超えたらエコモードでのみ運転

HEMSの制御は家庭全体の家電を制御し、「快適かつ無駄な電気を使わせない」ことを掘り下げています。このおかげで省エネにさほど興味が無い人でも「勝手に省エネしている」状態になります。

 

HEMSの注意点

 

「HEMSの自動制御は、HEMSからの指示を受け止められる家電が必要!」

 

エコネットライトのイラスト

現在日本の家電メーカーを中心に「ECHONET Lite」という通信規格が標準化されつつあり、徐々にこれに対応した家電も販売されてきています。

 

HEMSで家電を制御するにはこういった性能を家電自体が持っていないとダメ、ということを知っておかないといけません。

 

HEMSを導入するとどうなるか?

 

「電気代を最低限にまで抑えることができるようになります」

 

その理由は…「なぜ、電気代が高いのか?」の原因が分かるようになるからです。

 

(例)夏の電気代が異常に高い←見える化により対策が打てる!

 

  • 毎日子供が帰ってきた後(午後3時~5時)に冷蔵庫が何度も開け閉めされている
  • TV・PC・ゲームなどの電源がいっぺんに入れられている
  • 誰もいない時間にエアコンがつきっぱなしになっていた

 

こういった具体的な省エネ対策の問題点が分かるようになり、電気の無駄遣いを減らすことができるようになるからです。さらに最大使用量の設定もできるので、電気の使いすぎを未然に防ぐこともできます。

 

HEMSとは,ヘムス,付けないといけない,ダメ

 

HEMSの相場価格

 

HEMSの相場価格 3万円~30万円(税抜・工賃別)
(基本的にはメーカーにより価格はバラバラ)

 

HEMSを販売しているメーカーを詳しく調査してみた結果、現在20社前後あり、まだ出始めて間もないシステムということもあってか各社の商品価格にはだいぶ開きがありました。

 

太陽光発電導入の際、補助金の条件に含まれている場合はHEMSの料金も予算にプラスして考えておかなければいけません。

 

HEMS導入事例 ①

「本体10万円前後 工賃4~7万円前後」

 

大体補助金分を引いて工賃込み10~20万円前後でHEMSの導入をされている方が多いようです。中には補助金やら会社のキャンペーンやらタイミングが良く、工賃込みで何千円でHEMSを付けたという方も見かけました。

 

※補助金は予算額や申請期間が決まっているのでもらえない可能性も充分考えられます。

HEMS導入時 3つの注意点

 

モニタリングできるコンセント口数が少ないと、そこまで効果は期待できない

 

ECHONET Lite に対応した家電が少ないと、そこまで効果は期待できない

 

インターネット回線+PCがなければ何も出来ない

※NECさんのようなクラウド型HEMSの場合

 

現状ではまだ「HEMS」という言葉自体世間に浸透しておらず、知らない人がほとんどです。
それでも「太陽光は付けず、HEMSだけ付ける」という方がいるように、HEMS単体だけでも十分魅力的なシステムなことは間違いありません。

 

今後、スマートメーターが全国的に整備されHEMSに対応した家電製品が主流になっていく必然性は高く、今日、携帯電話が当たり前のように、10年後、「家庭にHEMSが付いている」ということが常識になっているかもしれません。

 

 

毎月100名様のみ無料診断です!

 

 

>>HEMSと一緒に電気プランを見直したい方は「でんくまくん」で無料診断<<

 

太陽光発電導入時にHEMS同時導入で補助金ゲット?

 

現在、太陽光発電単体での補助金というのは珍しく、補助金を受給する際は『何かと一緒に』を条件にしているところがほとんどです。それが「HEMSの導入」という自治体があります。

 

太陽光発電を導入しようと考えている方のほとんどは「安く、そして安心」に導入したいというのが本心だと思います。その「安く導入する」際に補助金は欠かせないツールです。

 

太陽光発電システム価格とHEMS価格、そして補助金額とのバランスを考えながら検討しなければいけませんが、10年スパンで見れば意識さえすれば確実に売電額は上げることができるので、TOTAL的にHEMSがあったほうがプラスになる可能性は高いと言えます。

 

しかし「頑張って値切ってここまで安くした」と太陽光発電の価格に満足してしまって、「HEMSの方で知らないうちにその分を回収されていた。」なんていうことにもなりかねませんので、より慎重な業者選びが必要不可欠です。

 

「慎重な業者選び=いかに優良な業者を見つけることが出来るか!」ということです。その優良・優秀な業者を見つけるための最適な方法が一括見積もりサイトを利用することです。

 

HEMSと太陽光発電

太陽光発電を上手に使うためのHEMS

 

発電量チェックだけなら専用の発電モニターがあれば十分です。しかし、各家電の使用量と合わせて見ることが、太陽光発電を上手に使えているかどうかの分かれ目となります。

 

一人一人違う「上手に」の価値観基準

 

収入重視の人
⇒できるだけ売電して収入を得たい
昼間の節電が肝心

 

自家発電重視の人
⇒なるべく電気を買いたくない
昼間の電気の使い方が肝心

 

節電にしろ電気の使い方にしろ、HEMSの「見える化」と「制御」により、自分の理想に近づくことが出来ます。太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めて使う場合、発電量と蓄電量をリアルタイムで把握しなければなりません。その役目にもってこいなのがHEMSです。

 

HEMS導入者の口コミや評判

 
  • 「食器洗い乾燥機は乾燥の時の電力消費が大きいから手洗いで片付けたり、乾燥の時だけ止めるというように工夫するようになった」
  •  

  • 「寝るときは暖房をやめ、厚着をしたり湯たんぽを使うようになった」

 

・・・というような節電に前向きな声も上がっています。

 

HEMS 付けなきゃいけないの?

 

「HEMSは付けなくてもいい(強制ではありません)」

 

※補助金をもらうための条件になっている場合はHEMSをつけないと補助金はもらえません。
※「見える化」だけなら太陽光発電のモニタで出来ます。

 

HEMSは絶対付けなければいけないわけではありません。ただ、HEMSを理解し、未来のことを考えると付けといたほうが良いと思われます。

 

全量買取り(10kw以上)の場合 HEMSの意味なし

「発電した分全て売る=節電は関係ない」

 

基本的に発電した分全てを売ってしまうので家の中の節電は全く売電額とは関係ありません。ただ単に「節電すれば環境にやさしいから」という理由の方はOKです。一般的には10kw以上なら全量買取りを選ぶ方が多いです。

 

余剰買い取り(10kw未満)の場合 HEMSの意味あり

「余った分を売る=節電の効果あり」

 

「発電した分-自分家の使用電力=余った電力」←コレを売るのが余剰買い取りです。なので自分ちの使用電力を抑えれば売れる電気が増えますのでHEMSの効果が十分にあります。

HEMSとスマートメーター、スマートハウス、スマートグリッドの違い

 

HEMSとスマートメーターの違い

HEMS

  • 一般家庭が導入するもの

 

スマートメーター

  • 電力会社が導入するもの
  • 電力使用量を正確に測るため(現在の電気メーターは実際の使用量より少ない量が表示される傾向が強い。なのでスマートメーターが導入されると若干電気代があがる可能性があります。)
  • 人件費削減(電力量計を見て回る検針員が必要なくなる)

 

HEMSとスマートハウスの違い

HEMS

  • 節電に特化したもの
  • 見える化により電力使用量の抑制が目的

 

スマートハウス

  • 何をするにもスマート(簡単・迅速)な家ということ
  • 家電を全てネットにつなぐ

 

スマートハウスでできること
  1. 遠隔医療 ネットと医療機器を連結
  2. 遠隔監視 「子どもやペットの様子をチェック」…「冷蔵庫の中身を見てから買い物」といったことがスマホ等を使って可能に
  3. 遠隔操作 電気・風呂を外出先から操作できる
  4. 泥棒探知 敷地内に誰か入ると電灯やTVなどが自動的にONになり、防犯に役立つ

 

HEMSとスマートグリッドの違い

 

HEMS=家庭

 

スマートグリッド=地域

 

おおまかに説明するとこういうことです。

 

現状まだまだスマートグリッドは本領発揮できる状況ではないようです。太陽光発電などの小型再生エネルギーがもっと普及して、HEMS等でネットワークを形成出来た時、初めてスマートグリッドの威力をみせつけることができるということです。

 

毎月100名様のみ無料診断です!

HEMS(ヘムス)とは?関連ページ

引っ越しの時はどうなるの?
太陽光発電は引っ越しにも対応しています。※初回設置時に前もって業者さんに聞いておくのが一番です。移設サービスをやっていない業者さんもありますから。引っ越しをしても基本的にはただ「取り外してまた付けるだけ」ですから♪
築年数が古い家に太陽光発電は付けるべき?
築年数が古い家に太陽光発電を付けるかどうかは、2つの大きな判断基準がある。①屋根の状態 ②その家に長く住むかどうか。 この②つの問題を考えてみて答えを出すのがベター。よってここで一概に答えをだすことはむずかしい。
天気が悪い時は?
太陽光発電システムは、天気や気温によって発電量が変化します。悪天候時のも発電しますが、曇りの日は1/2から1/10、雨天時は1/5から1/10程度の発電量になるといわれています。もちろん日が沈んだ夜間も発電できません。
停電しても電気が使える?
太陽光発電が自宅にあれば、停電してても電気が使えます!パワコンのスイッチを「自立運転」に切り替えるだけで、非常用電源として使えます。自動で切り替わるわけではありません。
太陽光発電(パネル・パワコン)の寿命って?
太陽光発電の寿命(耐用年数)は何年くらい?太陽光パネル、パワコン、それぞれどのくらいなのか?実際に使用してみての実データから見てみました。太陽光発電は歴史が短いだけに正に”知っ得”情報です。
太陽光発電おすすめメーカーは?| 発電量で選べば後悔なし!
「太陽光発電のおすすめメーカーは◯◯です!」と一概には言えません。それは価値観によって変わるから。でも設置者の不満に感じる理由第1位は「発電量」…これが答えかもしれません。
営業の上手い断り方は?
太陽光発電ではトラブル発生の要因:第1位「1社だけの見積もりで決めた=訪問販売の営業マンに即決を迫られ決めてしまった」です。そんな営業マンの上手い断り方を選りすぐりましたので参考までに…。
今が買い時!?
「太陽光発電は今が買い時」です。ただし全員が全員と言うわけではありません。それは「太陽光発電をつけて得をした人と損をしてしまった人がいるからです。基本的なコスト面から掘り下げて検証しています。
元は取れないんでしょ?
太陽光発電システムは2017年12月現在、10年前後で元を取る方がほとんどです。ただ注意しなきゃいけないのが、『太陽光発電はケース・バイ・ケース』なので、設置の条件によっては「元が取れる!」と簡単に言うことはできません。
屋根に穴を開けなくても太陽光パネルは付けれるの?
太陽光パネル設置の際、屋根に穴を開けなくても付けれるのか?…太陽光発電で一番気になるトラブルとして「雨漏り」がありますが、それを未然に防ぐ方法としては「屋根に穴を開けずに太陽光パネルを設置する」という方法があります。
PID現象って?
PID=出力が低下する現象のこと  経年劣化と違い設置して数ヶ月~数年という短期間でも起きる ※住宅用クラスの太陽光発電ではほぼ気にしなくて平気です^^