ルクサーソーラー(Luxor Solar)の口コミと相場

スポンサードリンク


更新日:2018年6月18日

ルクサーソーラー(Luxor Solar)の口コミ

良い口コミ
  • モノづくりにかけては日本と変わらない。
  • 耐久性と変換効率は世界トップクラス。

 

悪い口コミ
  • 中国製なのが不安。
  • ラインアップを絞り込んでいるため、選択の余地がない。

 

ルクサーソーラーの太陽光発電の相場

 

不明

※ネット上では価格を表示している販売店は見つかりません(みんなオープン価格)

 

ルクサーソーラーの特徴

最高の産出量を可能にする完成度の高い太陽光パネル。シリーズの名は広く知られるようになり、単結晶及び多結晶において、照度が低いときでも最適なパフォーマンスを発揮し、低い照度でも確実にクリーンな電気へと変化させることができる。

 

そのために、高効率のプラス公差の高品質太陽電池セルを採用している。また、パネル自身は頑丈で風雨への耐性があり、保証された製品寿命である25年の間に、製造業が必要とするエネルギーの数倍を越えるエネルギーを生み出し続けることが可能である。

 

ルクサーソーラーの太陽光パネル

 

※最大出力が一番高い商品を一例として記載してます。

 

屋根一体型

なし

 

据え置き型

型式:LX-310M
公称最大出力:310 W
変換効率:15.98%
セルのタイプ:単結晶シリコン
価格:不明
パネル製造元:自社

ルクサーソーラーの太陽光発電 周辺機器

 

パワコン

・SMA SUNNY Boyシリーズ

 

モニター

・不明

 

接続箱

・不明

 

架台

・自社製 農地の上に藤棚のような架台を設置し、その上に隙間を設けて太陽光パネルを並べることにより、農業と発電を両立させる。

 

施工

・不明

ルクサーソーラーの保証・アフター

出力保証 25年

・12年後 90%
・25年後 80%

システム保証 10年

ルクサーソーラーが向いてる人

 

ドイツ製で安心感を深めたい人

壊れにくい製品を探している人

 

 

 

ルクサーソーラーが向かない人

 

国産にこだわる人

 

ルクサーソーラーとは?

会社の歴史・概要
会社名 Luxor Solar GmbH
設立 2004年
所在地 ドイツ
資本金 不明
この会社の特徴 ドイツの最高技術を使い、太陽光を電気に変える取り組みを行ってきた。大切にしているのは耐久性、信頼性、そして厳しい基準である。

 

この三原則は、継続的に製造委託をしているアジア・ヨーロッパの工場でも大切にしている。多くの信頼を得て、世界各地の家庭、工業地、農地、オープンフィールド等で幅広く利用されている。

 

日本支社はルクサーソーラー(所在地:東京都千代田区、2012年設立、資本金1千万円)で、太陽光発電の総合システムメーカーとして、パネル、架台、パワコン、接続箱等の開発や製造、販売を一貫して手がけた事業展開を行っている。

⇒ ルクサーソーラーの沿革はこちら

 

大規模発電所でも複数の見積もりは必須!

 

 

当サイト宛に住宅用だけでなく、産業用(10kW以上)太陽光発電の契約金額についての質問・意見を求める声がいくつか寄せられています。こちらから確認をしてみると「知り合いに任せたから見積もりは1社しか取っていない」という方が非常に多く見受けられます。

 

いくら知り合いだからと言っても「完全に常識範囲外の見積もりの可能性がある」ので、必ず他にも2~3社は見積もりをとって保険をかけておくべきです。「ぼったくられていることが後々わかってのトラブル・訴訟へと発展」することも珍しくありません。

 

中には太陽光発電以外で頼んでもいない整地費用や、撤去・解体費用まで請求されている方もいます

 

大規模な太陽光発電所を作る場合、現在住んでいる場所とは遠い所に作るケースが多く、施主が気軽に見に行けないことにつけ込み必要ない工事を見積もりに入れたり、悪質だとなかなか来ることがない施主だとわかってから後付で必要ない工事を追加請求してくる業者もいるようです。

 

そんな時に何社かから見積もりを取っていれば、その工事の必要性を確認できるので悪質な業者を見抜く手段ともなります。

 

どんなに仲がよい方に頼むことになっても、どんなに「この人は信用できる人だから」と思っていても、念のため…保険として、複数業者から見積もりを取っておくことをおすすめいたします!

 

タイナビネクストのバナー正方形タイプ

 
page top