スポンサードリンク


更新日:2017年12月15日

太陽光発電の贈与税

「太陽光発電の贈与税 1,500万円まで非課税」

 

「住宅を購入・増改築」⇒500万円まで非課税
「住宅を購入・増改築(省エネ性・耐震性が高い場合)」⇒1,500万円まで非課税

 

通称:緑の贈与

平成27年4月1日から太陽光発電の贈与税非課税額の上限が1500万円まで引き上げられました。通称「緑の贈与」と呼ばれています。

 

⇒詳しくはこちら(環境省の資料7-8ページに記載されています)

 

贈与税 実際どれくらいかかるのか?

 

「500万円なら贈与税額53万円」(一般税率での計算)

 

贈与税 計算方法

 

<例>贈与額500万円の場合(一般税率での計算)

500万円-110万円=390万円
390万円×20%-25万円=53万円

 

<贈与税のおおよその額(一般税率での計算)>

110万円以下⇒0円
200万円⇒9万円
300万円⇒19万円
400万円⇒33.5万円
600万円⇒82万円
700万円⇒112万円

800万円⇒151万円
900万円⇒191万円
1,000万円⇒231万円
1,200万円⇒315.5万円
3,000万円⇒1,195万円
3,500万円⇒1464.5万円


 

もっと詳しく知りたい方 国税局のHP

贈与税 計算方法
贈与税 かからないケース

 

そもそも贈与税ってなに?

 

「1人の人が1年間で110万円超えの金額を人からもらうとかかる税金」

 

※1年間=1/1~12/31

 

贈与税 仕組み イラスト

 

贈与税がかかるケース その1

 

贈与税かかる例1 イラスト

 

Bさんは、Aさんから別々の日付だが1年以内に150万円もらっているため「贈与税がかかる」

 

 

 

贈与税がかかるケース その2

 

贈与税かかる例2 イラスト

 

Cさんは、AさんとBさんの2人から合計150万円もらっており「110万円を超えた金額を1人がもらっているため贈与税がかかる」


<結論>


太陽光発電 贈与税

「太陽光発電つけて良かった」
         ↑
         ↑そのためには…
         ↑
いい業者に販売・施工してもらう
        ↑
        ↑そのためには…
        ↑
いい業者を見つける
      ↑
      ↑そのためには…
      ↑
優良無料一括見積もりサイトを利用する


管理人が徹底的に調べあげた「信頼できる」無料一括見積もりサイトはこちら


下矢印3本

太陽光発電 贈与税