太陽光発電のよくあるトラブル事例と対策

スポンサードリンク


更新日:2018年10月19日

太陽光発電のトラブル事例とその対策

太陽光発電で起きるトラブル事例

 

「太陽光パネルを設置したら雨漏りしてきた!

 

30代男性 信越

「屋根を支える大事な木に穴が開いている!」

 

30代男性 九州

「パネルが強風で吹き飛んだ!施工業者と連絡取れない!!

 

30代男性 近畿

 

太陽光パネルの設置工事は「電気工事士」の資格さえ持っていればできてしまいます。

 

裏を返せば電気の事はプロだけど、屋根に関してはズブの素人…というわけです。そういう人が設置すれば当然のごとくトラブルは起きてしまいます。

 

事前にどんなトラブルが起こっているか把握しておくだけでも回避率は大幅にUPします。

 

太陽光発電の「設置前」と「設置後」にわけて、実際に起きたトラブル・クレーム例を紹介していますので、この両方はよく読んでおいたほうが今後のためになるのではないでしょうか。

 


太陽光発電のトラブル・クレーム件数

国民生活センターへの相談件数:2746件
そのうち訪問販売での相談件数が1548件

※2017(平成29)年度 国民生活センターHPより

太陽光発電トラブル相談件数(2017年度まで)

太陽光発電トラブル相談件数グラフ(2017年度まで)

 

この中で群を抜いて相談件数の多いのが訪問販売。太陽光発電は60%~80%の人が訪販業者から買っているというデータも出ています。

 

訪販業者は…

という傾向が強くあるようです。契約の際は充分比較検討して、納得のうえサインしましょう。くれぐれも一人だけで結論を出さず、必ず家族・親戚・友達・近所の人といった「信頼のおける人」の意見も聞いてみることを心がけましょう。

 

いざとなったらキャンセル、クーリングオフする

手を差し出し断る女性

 

もしトラブルに巻き込まれてしまったら、最後は契約破棄、キャンセル。訪問販売であればクーリング・オフ制度(契約後8日間以内なら無条件でキャンセルできる)が使えます。

 

ただ、そのキャンセル時に揉めることがよくあります。

 

<状況>

  • キャンセルすると言ったら「ここまでの工事費用を払ってもらう」と言われてる。
  • クーリングオフしたいと言ったら「違約金払えば…」といわれ困っている。

 

<対策>

  • キャンセルするのにお金を払う必要はありません。ただし、キャンセル理由があまりにひどい(正当でない)場合は、それまでの工事の費用を払わなければいけない時もあります。
  • クーリングオフする時は電話ではなく、必ず書面でおこなうことが鉄則です。もしも電話でしてしまうと言いくるめられたり、行くから待っててと言って8日が過ぎてから来たりするからです。書面で証拠を残し、さらに郵便局で配達した証明も残せば完璧です。必ずクーリング・オフの時はココまで徹底してやる必要があります。

<クーリングオフ ハガキ記入例>

クーリングオフをハガキで出す時の見本


太陽光発電のよくあるトラブル事例と対策記事一覧

トラブル① 補助金がもらえなかった<状況>営業さんは「国や自治体から補助金が出るからだいぶ値段は安くなる」と言っていたが、いざ確かめてみたら補助金をもらえなかった。※平成26年4/1~国の補助金はなくなりました○○も一緒に買っていただかないと補助金は出ないんですよ~。ここの自治体の補助金は50件限定だから今日中に契約しないと間に合いません。<対策>補助金にはもらえるための”条件”があることを知って...

トラブル① 太陽光発電をつけたせいで雨漏り!?<状況>太陽光パネルをつけたら2階の天井にシミが!! まさか…雨漏り!?<対策>まずは取り付けた業者に相談。念のため全く別の第3者(建築士等の適切に判断できる人)にも見てもらえればベスト。意外に「雨漏りと思ったら結露だった」ということがあるようです。とにかく「屋根に穴を開けなければ雨漏りしない」ということですから、穴を開けないで太陽光パネルを設置できれ...

page top