ファーストソーラー(First Solar)の口コミと相場

スポンサードリンク


更新日:2018年10月19日

ファーストソーラー(First Solar)の口コミ

良い口コミ
  • 大規模システムに対応できる。
  • コストが安い。
  • 環境にうるさい日本にはシリコン系を供給。

 

悪い口コミ
  • 成分元素のカドミウム、テルルともに環境汚染物質である。
  • 国内での実績が低い。

 

ファーストソーラーの太陽光発電の相場

 

不明

※ネット上では価格を表示している販売店は見つかりません(みんなオープン価格)

 

ファーストソーラーの動画・CMなど

ファーストソーラーの特徴

CdTe(カドミウム-テルル)薄膜技術を用いて、高効率で低コストの太陽電池パネルを製造している。シリコン系に比べて温度変化に対する出力低下が少なく、実環境下でより多くのエネルギーが生産できている。

 

また、業界初の大規模太陽電池パネル・リサイクルプログラムを実施している。

 

ファーストソーラーの太陽光パネル

 

※最大出力が一番高い商品を一例として記載してます。

 

屋根一体型

なし

 

据え置き型

  • 型式:FS-4122-3/FS-4122A-3
  • 公称最大出力:122.5 W
  • 変換効率:17.0%
  • セルのタイプ:CdTe
  • 価格:不明
  • パネル製造元:自社

ファーストソーラーの太陽光発電 周辺機器

 

パワコン

・不明

 

モニター

・不明

 

接続箱

・不明

 

架台

・不明

 

施工

・不明

ファーストソーラーの保証・アフター

出力保証 25年

システム保証 10年

ファーストソーラーが向いてる人

 

シリコン系以外で検討している人

コストパフォーマンスにこだわる人

アメリカ製を好む人

 

 

 

ファーストソーラーが向かない人

 

国産にこだわる人

環境にこだわる人

 

ファーストソーラーとは?

会社の歴史・概要
会社名 ファーストソーラー
設立 1999年
所在地 アメリカ
資本金 不明
この会社の特徴 コスト競争力が高く、安全で持続性のあるクリーンな電力エネルギーを提供するために、環境および品質マネジメントシステムの国際規格認証を取得し、CdTe(カドミウム・テルル)薄膜太陽光発電システムを製造している。

 

パネルの製造から施工、発電事業の運用やメンテナンス、さらには寿命を全うした後のリサイクルまでも含めたライフサイクルを通した事業展開を行っている。また、変換効率はこの10年間、毎年0.5%以上向上しており、パネルだけではなく、周辺機器の技術を大幅に向上させ、発電所全体の性能向上に貢献している。

 

日本支社はファーストソーラー・ジャパン合同会社(2013年設立、東京都千代田区)がある。

⇒ ファーストソーラーの会社概要はこちら

 

大規模発電所でも複数の見積もりは必須!

 

 

当サイト宛に住宅用だけでなく、産業用(10kW以上)太陽光発電の契約金額についての質問・意見を求める声がいくつか寄せられています。こちらから確認をしてみると「知り合いに任せたから見積もりは1社しか取っていない」という方が非常に多く見受けられます。

 

いくら知り合いだからと言っても「完全に常識範囲外の見積もりの可能性がある」ので、必ず他にも2~3社は見積もりをとって保険をかけておくべきです。「ぼったくられていることが後々わかってのトラブル・訴訟へと発展」することも珍しくありません。

 

中には太陽光発電以外で頼んでもいない整地費用や、撤去・解体費用まで請求されている方もいます

 

大規模な太陽光発電所を作る場合、現在住んでいる場所とは遠い所に作るケースが多く、施主が気軽に見に行けないことにつけ込み必要ない工事を見積もりに入れたり、悪質だとなかなか来ることがない施主だとわかってから後付で必要ない工事を追加請求してくる業者もいるようです。

 

そんな時に何社かから見積もりを取っていれば、その工事の必要性を確認できるので悪質な業者を見抜く手段ともなります。

 

どんなに仲がよい方に頼むことになっても、どんなに「この人は信用できる人だから」と思っていても、念のため…保険として、複数業者から見積もりを取っておくことをおすすめいたします!

 

タイナビネクストのバナー正方形タイプ

 
page top