レネソーラー(ReneSola)の口コミと相場

スポンサードリンク


更新日:2018年8月14日

レネソーラー(ReneSola)の口コミ

良い口コミ
  • 発電量が多い。

 

悪い口コミ
  • 中国製なのが嫌。

 

レネソーラーの太陽光発電の相場

 

不明

※ネット上では価格を表示している販売店は見つかりません(みんなオープン価格)

 

レネソーラーの太陽光発電の特徴

多結晶タイプでありながら、単結晶並みの変換効率を誇る。ウェハを切り出す前のインゴットの製造方法をさらに改善することで、結晶方向と結晶サイズのより均一なウェハを開発し、電気の元となる電子の長寿命化を実現した。

 

これにより、さらに多くの電力を取り出すことができている。また、高温下、あるい低日照下でも発電量の低下を抑えることに成功している。

 

レネソーラーの太陽光パネル

 

※最大出力が一番高い商品を一例として記載してます。

 

屋根一体型

なし

 

据え置き型

型式:Virtus II JC320M-24/Abs
公称最大出力:320 W
変換効率:16.5%
セルのタイプ:多結晶シリコン
価格:不明
パネル製造元:自社

レネソーラーの太陽光発電周辺機器

 

パワコン

・不明

 

モニター

・不明

 

接続箱

・不明

 

架台

・不明

 

施工

・不明

レネソーラーの保証・アフター

出力保証 25年

・10年後 90%
・25年後 80%

システム保証 10年

レネソーラーが向いてる人

 

中国製が好きな人

耐久性を重視する人

 

 

 

レネソーラーが向かない人

 

国産にこだわる人

 

レネソーラーとは?

会社の歴史・概要
会社名 ReneSola
設立 2005年6月
所在地 中国
資本金 150万米ドル(約167億円)
この会社の特徴 インゴットウェハの製造から事業を開始。グループ企業内でポリシリコン(高純度の多結晶シリコン)から太陽光パネルまで、すべての事業を一貫して手がけている。

 

太陽光パネルの性能はセルに、セル性能はウェハの品質に大きく左右されるため、この基幹部品であるウェハに高い技術力と強い競争力をもっている。

 

さらに、グループ企業が垂直統合事業モデルを確立し、徹底した品質管理を行うことで、手頃な価格で単結晶タイプ並みの変換効率を誇る高出力パネルを提供している。

 

日本支社はレネソーラー・ジャパン(所在地:東京都千代田区、2013年設立、資本金1億円)で、個人、産業、農業、大規模電力事業への太陽光発電製品の販売、および統合型の製品サービスを提供している。

 

大規模発電所でも複数の見積もりは必須!

 

 

当サイト宛に住宅用だけでなく、産業用(10kW以上)太陽光発電の契約金額についての質問・意見を求める声がいくつか寄せられています。こちらから確認をしてみると「知り合いに任せたから見積もりは1社しか取っていない」という方が非常に多く見受けられます。

 

いくら知り合いだからと言っても「完全に常識範囲外の見積もりの可能性がある」ので、必ず他にも2~3社は見積もりをとって保険をかけておくべきです。「ぼったくられていることが後々わかってのトラブル・訴訟へと発展」することも珍しくありません。

 

中には太陽光発電以外で頼んでもいない整地費用や、撤去・解体費用まで請求されている方もいます

 

大規模な太陽光発電所を作る場合、現在住んでいる場所とは遠い所に作るケースが多く、施主が気軽に見に行けないことにつけ込み必要ない工事を見積もりに入れたり、悪質だとなかなか来ることがない施主だとわかってから後付で必要ない工事を追加請求してくる業者もいるようです。

 

そんな時に何社かから見積もりを取っていれば、その工事の必要性を確認できるので悪質な業者を見抜く手段ともなります。

 

どんなに仲がよい方に頼むことになっても、どんなに「この人は信用できる人だから」と思っていても、念のため…保険として、複数業者から見積もりを取っておくことをおすすめいたします!

 

タイナビネクストのバナー正方形タイプ

 
page top