太陽光発電でのループ(LOOOP)の口コミと相場

スポンサードリンク


更新日:2018年11月12日

太陽光発電でのループ(LOOOP)の口コミ

良い口コミ
  • MY発電所キットの価格が安い。
  • 投資目的で新規に土地を購入し、すべて自分で設置できた。

 

悪い口コミ
  • 自分でやることが多く大変だった。
  • 電力会社に対する電力申請が大変だった。
  • 除雪作業が大変でした。

 

ループ(LOOOP)の太陽光発電の相場

 

1kw 16万円前後

 

ループの動画・CMなど

 

 

ループ(LOOOP)の太陽光発電の特徴

ループ(LOOOP)は「価格」が優れている

 

ループの特徴は価格です。住宅用と比較しても意味がありませんが、1kW あたりは約半額ほどになります。ただ、自分で発電所を手作りする「MY発電所キット」になります。そういった日曜大工的なことが大好きな投資家さんにはたまらない魅力のひとつとして移りますが、効率を求める投資家さんには向かない案件かと思います。

 

ループの太陽光パネル

 

「単結晶・多結晶の2タイプ」

 

MY発電所キットの種類は6種類

  • 折板屋根型 228万円~ LOOOP多結晶パネル
  • 地上型 288~1450万 多結晶・単結晶選択
  • 空中型ソラシェア(農業しながら) 348万円~ 単結晶
  • メガソーラー 2億前後 多結晶
  • 高圧型 2000~9000万円前後 
  • 独立型(停電・非常用) 45000円~  
ループの太陽光発電周辺機器

 

パワコン

「Looopオリジナル分散設置型パワーコンディショナ LP-P33KSG」
・最大変換効率98.3%
・748,000円/台(kW単価 約22,000円)(税別、工事費、配送費別)
・10年間保証
・様々な太陽光パネルと組み合わせ可能
・水流に対して高い耐久性を持っている
・粉塵が内部に侵入しない構造になっている
・-25℃~60℃の環境に対応できる性能

 

 

モニター

「みえるーぷ」
・中国製
・248,000円~
・年間システム利用料25,000円/年(通信費込)
・自宅、会社、外出先、いつでもどこでも24時間発電所のチェック可能

 

「みえるーぷ オプション品」
・日射計 28,000円(税別)
・温度計 20,000円(税別)
・PCS混在対応 50,000円(税別)

 

 

接続箱

「なし」
セット内容によって分電盤や集電箱、接続箱、電材などが付いています。

 

 

架台

  • 重ね式ボルト折板用架台(直接固定式)
  • 角度可変型オリジナル架台(4スパン)
  • LOOPオリジナル架台(地面埋設型)
  • LOOPオリジナル架台(3段5列支柱埋設式オリジナル架台 × 300セット)
  • 3段7列オリジナル架台(多結晶モデル)
  • 2段8列オリジナル架台(CISモデル)

 

 

施工

「特になし」
ただ架台を組んでパネルを載せるだけです。

 

ループ(LOOOP)の太陽光発電の保証・アフター

パネル 25年出力保証(無料)

  • 1年目~12年目 太陽光パネルの公称最大出力の90%以上を保証してくれています。
  • 13年目~25年目 太陽光パネルの公称最大出力の80%以上を保証してくれています。

 

自然災害と盗難保証 10年間(無料)

産業用太陽光発電は屋外設置となるケースが多く、自然災害や盗難の被害に遭う可能性があります。しかしループさんでは10年間の保証期間が付いているので何かあっても安心です。また、オプションになりますが、自然災害時に発電所が止まった場合の売電利益補償(初年度の補償料無料)も選ぶことが出来ます。

 

ループ(LOOOP)が向いてる人

安定した収益が見込める投資がしたい人

遊休地・休耕地を活用したい人

電力の自給自足でイメージアップを図りたい企業

 

基本的に「ループ(LOOOP)=産業用太陽光発電」

 

ループ(LOOOP)とは?

会社の歴史・概要
会社名 株式会社Looop(ループ)
設立 平成23(2011)年4月
所在地 東京都文京区
資本金 4億9900万円

⇒ 株式会社Looop(ループ)の会社沿革はこちら

 

 

太陽光発電,ループ,LOOOP,口コミ,相場,特徴,保証,アフター

 

 

大規模な発電所でも複数の見積もりは必須!

 

 

当サイト宛に住宅用だけでなく、産業用の太陽光発電の契約金額についての質問・意見を求める声がいくつか寄せられています。なかでも多いのが・・・

 

「知り合いに任せたから見積もりは1社しか取っていない」

 

⇒ 完全に常識外の見積金額で契約

 

⇒⇒ ぼったくられていることが後から分かってのトラブル・訴訟へと発展

 

中には太陽光発電以外で頼んでもいない整地費用や撤去・解体費用まで請求されている方もいます。

 

大規模な太陽光発電所を作る場合、現在住んでいる場所とは遠い所に作るケースが多く、施主が気軽に見に行けないことにつけ込み、必要ない工事を見積もりに入れたり、悪質だとなかなか来ることがない施主だと分かってから、後づけで必要ない工事を追加請求してくる業者もいるようです。

 

そんな時に、何社からか見積もりを取っていれば、その工事の必要性も確認できますし、悪質な業者を見抜く手段ともなります。

 

どんなに仲が良い方に頼むことになっても、どんなにこの人は信用できる人だからと思っていても、念のため複数業者から見積もりを取っておくことをオススメします。

 

 

タイナビネクストのバナー正方形タイプ

 

きっとこの一手間が、いざという時、自分を助けてくれる光となります。

 
page top