太陽光発電でのパナソニック(Panasonic)の口コミと相場

スポンサードリンク


更新日:2018年12月07日

太陽光発電でのパナソニック(Panasonic)の口コミ

良い口コミ

 

「発電量に満足」

  • 夏場でも発電量が落ちない
  • 雪が降っていても発電しててびっくり
  • 早朝の薄明りでも発電を始めていて期待以上
  • 曇りの日でもわずかながら発電していて嬉しかった

 

「価格に見合っている」

  • 他と比べると高いがそれに見合った発電効率。初期費用ケチらなくて良かった

 

悪い口コミ

 

「価格が高い」

  • 1枚あたりが高い

 

パナソニックの太陽光発電の相場

 

1kw 32万円前後

 

パナソニックの太陽光発電の特徴

 

発電量が世界TOPクラス

 

「発電効率が非常に高く屋根が狭くても発電量の心配なし」

 

変換効率の高さが売り(代表商品:HIT)

※変換効率…太陽の光の何%を電気に変えることができるのか?の大体の割合

 

<HIT太陽電池と多結晶太陽電池の変換効率の違いがよくわかる動画>

 

 

ハイブリッド型と呼ばれる太陽電池

 

「ハイブリッド型=アモルファス+単結晶シリコンの太陽電池のこと」

 

ふつう結晶系太陽電池は熱に弱く高温時は発電効率が落ちるものなんですが、ハイブリッド型は製造過程で「アモルファスシリコン」という熱に強い素材を組み込んでいるので、電池の表面が高温になっても発電効率が落ちにくいという特徴があります。

 

HIT太陽電池の温度による効率変化比較グラフ

 

<夏場(6~8月)の変換ロス値(メーカー公表)>

  • パナソニック⇒12%
  • 他メーカー⇒20%

という具合です。同じアモルファスシリコンを使っているのが「薄膜系のカネカ」等があります。

 

発電量(発電効率)で明確に違いが出る2つのこと

 

1.売電収入に大きな違いが出る

 

1枚あたりの発電量が、HIT=233W、多結晶=154Wだったとします。1枚あたりの発電量の差は79W。しかし1年間で見てみると「1447kw」も発電量に差が出ます。この発電量の差が売電収入に大きな差を生み出します。

 

1年間の売電収入額にすると約37000円(1447×26円=¥37,622)の違いが出ます。※平成30年度の売電価格「26円」での計算

 

これが住宅用太陽光発電が売電出来る期間の10年ならば約37万円の違いがでることになります。※売電についてはこちら参照

 

このように、発電効率が高ければ発電量が増え、おのずと売電収入も増えるというわけです。屋根の狭い家が多い日本にとっては非常に重要なところです。

 

 

2.屋根(家全体)への負担に違いが出る

 

HIT太陽電池の設置枚数の比較

 

発電効率が良いと、設置する太陽光パネルの枚数を減らすことが出来ます。

 

例えば上のイラストのように、HITと多結晶で約3.7kwを作り出すことで比較すると、多結晶なら24枚太陽光パネルを屋根に載せる必要があり、HITなら16枚で済みます。ここで重さを見てみると、多結晶は487kg、HITは357kgで済み、約130kg軽量化できます。

 

この「パネルの軽量化」というのがとても重要で、屋根への負担を減らすことになり、しいては家全体の地震に対する耐久力を上げる事にもつながります。

 

重心の違いによる地震の時の家の揺れ方比較

 

 

価格は高め

パナソニックの太陽光パネル設置事例

パネルの形は四角形しかなく、組合せの自由度は低い。ただし「ハーフタイプ」を組み合わせることで、無駄なく屋根をフル活用することができる。

 

パナソニックの太陽光パネル

 

太陽光パネル(屋根一体型)

 

なし

 

太陽光パネル(据え置き型)

 

HIT太陽光パネル

「HIT」標準タイプ244α 公称最大出力244w 
メーカー希望小売価格135000円(税抜き) : 1w553円

 

「HIT」標準タイプ250α 公称最大出力250w
メーカー希望小売価格163000円(税抜き) : 1w652円

 

「HIT」ハーフタイプN120α 公称最大出力120w
メーカー希望小売価格66500円(税抜き) : 1w554円

 

パナソニックの太陽光発電周辺機器

 

パワコン

・高効率で変換させることで実発電量を高めている
・パネルの配置や設置場所を自由に選べるように豊富に取り揃えている

 

マルチストリング型パワコン
4.0kW VBPC340A2  希望小売価格(税抜き)295000円
5.5kW VBPC355A2  希望小売価格(税抜き)400000円

 

屋外マルチパワコン
4.6kW(制御対応) VBPC246B2 希望小売価格(税抜き)398000円
5.9kW(制御対応) VBPC259B2 希望小売価格(税抜き)508000円

 

屋内集中パワコン
2.7kW(制御対応) VBPC227A6 希望小売価格(税抜き)220000円
4.0kW(制御対応) VBPC240A9 希望小売価格(税抜き)295000円
5.5kW(制御対応) VBPC255A5 希望小売価格(税抜き)400000円
5.5kW(制御対応) VBPC255C1 希望小売価格(税抜き)430000円

 

屋外パワコン用一括制御リモコン VBPR201M 希望小売価格(税抜き)12000円

 

 

モニター

・ワイヤレスで見やすく子供でもわかりやすい作り

 

エネルギーモニタ
VBPM371C 希望小売価格87000円(税抜き)

 

ワイヤレスエネルギーモニタ
(7型) VBPM370CK 希望小売価格87000円(税抜き) 
(5型) VBPM350C  希望小売価格58000円(税抜き) 

 

太陽光モニタ(7型 制御対応)
VBPM274C 希望小売価格54500円(税抜き)

 

 

接続箱

 

接続箱3回路
VBSSK3R1 希望小売価格(税抜き)26000円

 

接続箱4回路
VBSSK4R1 希望小売価格(税抜き)27500円

 

接続箱6回路 
VBSNK6R1 希望小売価格(税抜き)33000円

 

ストリングパワコン用接続箱
屋内屋側4回路 VBCD3004K 希望小売価格(税抜き)27500円
屋内屋側5回路 VBCD3005K 希望小売価格(税抜き)30000円

 

昇圧回路付接続箱:標準2回路昇圧1回路
VBSNA3C1B 希望小売価格(税抜き)88000円

 

昇圧回路付接続箱:標準5回路昇圧2回路
VBSNA7C2A 希望小売価格(税抜き)120000円

 

 

架台

・いろんな屋根の形に合うように11方式の設置方法がある
・ハーフタイプは7方式

 

 

施工

・通常の施工方法は5工法
・ハーフタイプは4工法

 

パナソニックの太陽光発電の保証・アフター

 

システム15年、出力20年保証が「無料」

・対象商品HIT244α、HIT250α、HITハーフタイプ120α

 

アフターメンテナンス(点検)はいらない!?

パナソニックの太陽光パネルはメンテナンスいらずと言われています。その秘密は「ウォータードレインコーナー」にあります。

 

太陽光パネルで一番汚れが溜まりやすい所…パネルのコーナー部分に「ウォータードレインコーナーフレーム」を取り付け、より一層「防汚機能」を強化しています。

 

パナソニックの太陽光パネルウォータードレインコーナー

パナソニックの太陽光発電が向いてる人

 

屋根が小さい家の人

とにかく発電量重視の人

初期費用より性能重視の人

気候的に設置が厳しい地域(沖縄県や北海道など)にお住まいの方

 

パナソニック(Panasonic)とは?

会社の歴史・概要
会社名 パナソニック株式会社(Panasonic Corporation)
設立 昭和10(1935)年12月
所在地 大阪府門真市
資本金 2,587億円

⇒ パナソニック株式会社の会社沿革はこちら

 

 

paanaa.jpg

 


<結論>


太陽光発電を付けて喜ぶ家族のイラスト

「太陽光発電つけて良かった」
         ↑
         ↑そのためには…
         ↑
いい業者に販売・施工してもらう
        ↑
        ↑そのためには…
        ↑
いい業者を見つける
      ↑
      ↑そのためには…
      ↑
優良無料一括見積もりサイトを利用する


管理人が徹底的に調べあげた「信頼できる」無料一括見積もりサイトはこちら

オレンジ色の3連下矢印

タイナビのバナー300×150


page top