太陽光発電での三菱化学(ケミカル)の口コミと相場

スポンサードリンク


更新日:2018年8月14日

太陽光発電での三菱化学(三菱ケミカル)の口コミ

良い口コミ
  • 軽量。
  • フレキシブル(柔軟性がある)。
  • シースルーで意匠性(工夫してる感)が高い。

 

悪い口コミ
  • 変換効率が低い。
  • 実用的ではない。

三菱化学の太陽光発電の相場

 

不明

※ネット上では価格を表示している販売店は見つかりません(みんなオープン価格)

 

三菱化学の太陽光発電の特徴

「塗布型有機薄膜太陽電池」という全く新しい太陽電池は、これまでに培ってきた有機合成技術、有機半導体技術を応用している。

 

プラスチックフィルムや金属等の薄い基板に有機半導体材料を塗布して製造するため、しなやかで軽い、という大きな特長を有している。

 

現在、金属基板一体型と防水シート一体型の2種類を販売。

 

三菱化学の太陽光パネル

 

※最大出力が一番高い商品を一例として記載してます。

 

屋根一体型

対応可能。

 

据え置き型

  • 型式:GMMK092M
  • 公称最大出力:92 W
  • 変換効率:不明
  • セルのタイプ:有機半導体
  • 価格:不明
  • パネル製造元:自社

三菱化学の太陽光発電周辺機器

 

パワコン

・不明

 

モニター

・不明

 

接続箱

・不明

 

架台

・不明

 

施工

・不明

三菱化学の太陽光発電の保証・アフター

 

不明

 

三菱化学の太陽光発電が向いてる人

 

新しいものが好きな人

軽量性、柔軟性を重視する人

効率よりも意匠性を重視する人

 

 

 

三菱化学の太陽光発電が向かない人

 

変換効率にこだわる人

売電やエネルギー収支を考えている人

 

三菱化学とは?

会社の歴史・概要
会社名 三菱化学株式会社
設立 1950年6月
所在地 東京都千代田区
資本金 500億円
この会社の特徴 持続可能かつ安全なエネルギーである太陽光発電システム「gioa:ジオア」を通じて、新炭素化社会の実現への貢献を目指している。

 

独自技術で太陽電池向けの有機半導体を開発しており、塗れる、非常に薄い、サイズが選べるといった意匠性に優れた特長を製品に反映し、従来の太陽電池の設置には適さなかったモノや場所へと用途を広げている。

 

特に、公共・産業用太陽光発電システムを指向し、パネルから周辺装置に至るまで、システム全体を一括して提供するとともに、顧客に最適な太陽光発電システムの検討から、施工、導入後の保守・点検までをサポートする。

⇒ 三菱化学の沿革はこちら

 

大規模発電所でも複数の見積もりは必須!

 

 

当サイト宛に住宅用だけでなく、産業用(10kW以上)太陽光発電の契約金額についての質問・意見を求める声がいくつか寄せられています。こちらから確認をしてみると「知り合いに任せたから見積もりは1社しか取っていない」という方が非常に多く見受けられます。

 

いくら知り合いだからと言っても「完全に常識範囲外の見積もりの可能性がある」ので、必ず他にも2~3社は見積もりをとって保険をかけておくべきです。「ぼったくられていることが後々わかってのトラブル・訴訟へと発展」することも珍しくありません。

 

中には太陽光発電以外で頼んでもいない整地費用や、撤去・解体費用まで請求されている方もいます

 

大規模な太陽光発電所を作る場合、現在住んでいる場所とは遠い所に作るケースが多く、施主が気軽に見に行けないことにつけ込み必要ない工事を見積もりに入れたり、悪質だとなかなか来ることがない施主だとわかってから後付で必要ない工事を追加請求してくる業者もいるようです。

 

そんな時に何社かから見積もりを取っていれば、その工事の必要性を確認できるので悪質な業者を見抜く手段ともなります。

 

どんなに仲がよい方に頼むことになっても、どんなに「この人は信用できる人だから」と思っていても、念のため…保険として、複数業者から見積もりを取っておくことをおすすめいたします!

 

タイナビネクストのバナー正方形タイプ

 
page top